<< 深夜に突然溢れたこの「好き」のキモチ | HOME | 新しい日々のはじまり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
普段と変わらない日常に感謝し、祈るだけ


わたしの住む地域でも11日は停電と共に大きな揺れを感じました。
とっさに子どもたちをテーブルの下へ。
立っていられず床に伏せつつ、子どもたちが全員いるかを確認。
ほんのわずかな時間だったはずなのだけれど、とってもとっても長く感じました。
安全を確認してから外に避難。
子どもたちを抱きしめつつ、新たな揺れに恐怖心が募るばかり。
こんな大きな地震は初めての経験でした。
何か大変なことが起こったに違いない、と感じました。
園舎に戻れず、園庭の真ん中で災害用ラジオに耳を傾けると
「M8以上の大きな地震」「10mを超える津波」(実際には10mどころの津波ではなかったけれど)という単語が途切れ途切れに流れてきて、「日本はどうなってしまうのか」と思わず身震いしました。


園長先生が持ってきてくれたストーブで暖を取りつつ、
お迎えの来られない子どもたちとひとときを過ごして、幼稚園を後にしたのは6時過ぎ。
すっかり日も落ち、信号も街灯もつかない真っ暗な道を帰りました。
不安の中にある人々がコンビニに殺到している状況。
帰宅してからラジオで情報を得ようとするものの、状況はわからず。
不安なまま夜を迎え、一晩中緊急地震速報が鳴り続けるという今までにない事態。
もちろん夜中も明け方も何度か揺れてそのつど目を覚ましたけれど、
翌日には電気も復旧してわたしたちはいつもの生活を取り戻しました。

しかし、TVをつけてみるとそこには目を疑うような光景が。
悪い夢を見ているのではないか、
本当にここは日本なのか、と絶句。
少しでも多くのひとが助かりますように…と祈ることしかできませんでした。


被害の大きさを知るたび
わたしたちがいかに無力であるかということを思い知らされ、
何もできない自分にはがゆさを感じる毎日。
被災された方々のことを思うたびに胸が痛みました。

けれども、
わたしはいつもと変わらない日々。
朝起きて、当たり前のように職場へと向かい、子どもたちと共に過ごす。
温かいご飯を食べ、温かいお風呂に入り、温かいベッドで眠りにつく。
何かしたいと思っても
自分に何ができるかなんてわからなくて。
少しでも力になりたい。でも、今は何もできない。

ほんのわずかではあるけれど
支援物資を用意すること。
義援金を送ること。
節電を心掛けること。

あとは子どもたちと共に

天の優しい神さま
今回の地震で被害にあわれた方々
大切なひとを亡くしたり、
行方が分からなくなったりして深い悲しみの中にある方々に癒しの御手をそなえていてください
いつもいつも共にいてお守りください
少しでも早く安心して暮らせますように
今までと変わらぬ日常を取り戻すことができますように


そう祈るだけ。

みんな不安と戦ってる。
それでも確かな明日を待って眠りにつく。

大切なひとが手に届くところにいることに「ありがとう」と感謝して、今わたしにできることをただやるだけ。

一緒に乗り越えようね。
いつでも力になるから。































そんな中、無事に卒園式を終えました。

「せんせい ありがとう せかいでいちばんだいすき」
「ぼくたちはいなくなるけど せんせいなかないでね」

そうやって涙を拭ってくれた優しい優しい子どもたち。
今までありがとう、と抱きしめることのできる幸せを感じました。

当たり前だったことが当たり前ではなくなってしまった今、
ひとつひとつが「奇跡」であり「幸せ」です。

この奇跡を、この幸せを、絶対に手放したくない。手放さない。


それぞれの新しい道を歩んでいく子どもたちの未来を守る。
それがわたしたちの仕事だから。




心配してメールをくれたお友だちへ。

ありがとう。
「こんなときだから迷惑かも…と思いつつ、心配でメールしちゃった」と気遣ってくれて
とってもとっても嬉しかったです。
みんなの温かさが心強かったです。
こんなときだからこそ、その気持ちがありがたかったです。

本当に本当にありがとう。



| はたこごと | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -


COMMENT


たまちゃん、コメントありがとう。

今回の地震は本当にいろんな被害をもたらしたよね。
直接被災していなくても、いろんなところで少なからず影響が出て。
最終的に仕事がなくなったりもして。
たまちゃんもサービス業だから本当に大変だったよね。
まさかこんな日が来るなんで思いもしなかった。
一日でも早く、今まで通りの生活が送れるようになるといいのだけれど。
お仕事が無事見つかるように祈ってます。

こちらは少しずつ安定してきて地震速報に怯えることもほとんどなくなってきたよ。
それでもときどき余震があって震度3〜4、という状態なので、安心して過ごせるようになるにはまだ時間がかかりそうです。
でも都内とかの方が建物高いから揺れそうだよね。怖そう…。
幼稚園の方は通常通りにスタートしたよ。
子どもたちもみんな元気です。
先生たちは災害時の避難方法などの再検討を行っているところ。
とにかく「子どもたちをどう守るか」が今一番の課題かな。
難しいよねぇ。

こうやって話してるとついつい気分が重くなっちゃうけど、それじゃダメなんだよね。
わたしたちが元気じゃなきゃ支援なんてできない!
…と思いつつも、
まだまだ災害関連の話になると落ち込んだり、涙が止まらなくなったり、と不安定なわたし。
未熟だ…。
だけどそれでも一日一日と過ぎていくし、目の前にあることをひとつひとつやっていくしかないんだろうね。
頑張ろうとか頑張れとか今は言えるときじゃない。
だから「わたしが頑張ろう」と思う。

また落ち着いてお話できるといいな。

| はたこ*レス→たまちゃん | 2011/04/19 10:50 PM |
はたこちゃん、ご無沙汰です。
ずっとずっと連絡しなくてごめんね。

地震、怖かったね。園にいた時間だったから大変だったことと思います。
先生は園児を守らなきゃいけないから、はたこちゃんも怖かっただろうに・・・ホントお疲れ様でした。

うちの方も停電しちゃってて、電車は動かないから旦那が帰って来られなくて
一人ぼっちで一睡もせず夜を明かしました。
あんなに怖い思いしたことってなかったよ・・・。
ずっとずっと緊急地震速報の音にビビってて
怖くて怖くてたまらなかったです。

私も停電が終わってからテレビ見てなんだろうこの映像って思った。
怖くなってテレビ消してずっとラジオつけてました。
すごく精神的に不安定になっちゃってね。
ちょっとした揺れだったり緊急地震速報の音がダメになっちゃって
被災地の方々のほうがずっとずっと怖いだろうに、私がダメになっちゃって、情けない。

私はこの地震でお仕事なくなっちゃってね。
サービス業は影響大です。
今は仕事探しの毎日です。

はたこちゃんはもう幼稚園も始まったのかな?


何事もなかったように普通に戻ってきた生活。
節電や物がないぐらいで、なんだかあとは普通。
でも不安な毎日はまだきっと残ってる。
できることをやって、祈って
日本が元気になれるように進んでいかなくちゃね。


| たま | 2011/04/05 4:06 PM |
POST A COMMENT









この記事のトラックバックURL
http://55star55.jugem.jp/trackback/376
TRACKBACK



STRAWBERRY&LION



先のことなんて誰にもわからないけれど
変わらないものなんてないというけれど
10年後の今日もきっと
君のことを想って言葉を綴っているよ


わたしたちの未来に青空が広がっているかなんて
知るすべもないけれど


晴れない空はないって教えてくれたのは君だから…

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
PROFILE


ツイッターもやってます。
ぼちぼち。
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
FREE
Clap めぃる

コメントするのが苦手な方は
拍手をお気楽にどうぞ。
もちろん「ブログ見たよ」的な
ワンクリックも嬉しいです。
メン愛部員なお友達は
24時間受付中(*´艸`*) 












参戦あれこれ
2011年参戦予定
ジャニ関連以外の予定もあり

*6月のビターオレンジ
6/11(土) 18:00
東京グローブ座
*2010 神宮外苑 花火大会
8/6(土) 17:30
国立霞ヶ丘競技場
*劇団☆新感線 髑髏城の七人
9/24(土) 12:30
青山劇場

このブログを始めてからの
参戦歴はプロフィールへ。
COUNT DOWN


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
NEWS PEOPLE
OTHER


MOBILE
qrcode